スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

オール電化 おすすめ

オール電化の新築住宅を買い付けたい、もしくは、家をオール電化にリフォームしたい。
でも、停電の時はどうしたらいいの?と懸念じゃないだろうか?
家の全てのエネルギーを電気にしてしまったら、停電の時は何も使えなくなるとおもう。

料理はIHクッキングヒーターだから、停電時は残念ながら使用出きない。
まさかの時の為に、カセットコンロを予備に用意しておくと良いだろう。

湯はつかえるの?
湯は電気給湯器の貯湯タンクに湯が残っていれば、その湯が使用できる。
(但し呑み込む事は出きない)
しかしながら、ガス給湯設備でも、スイッチは電気式を採用している為、停電時はどちらにしても使用出きない事に成る。

太陽光発電(ソーラー発電とも云う)は、屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールと云うパネルを設置して、発電する。
エコロジーな電力として、公共施設等で使用されている。
ソーラーカーなんてものも有る。
この太陽光発電を住宅に取り付けるのである。

IHクッキングヒーターのお値段はおおよそ15から35万円くらいのである。
エコキュートのお値段はおおよそ45から80万円くらいのである。
この二つの機器を買い付けるだけで、最低でも60万円くらいかかる。
更に、これらの機器を使用する為に、専用の200ボルトの電流を引き込みたいと思う。
その工事が必要に成る。
また、エコキュートは、貯湯タンクを落ち着いて置くための基礎工事が必要に成る。

疑う余地もなく、ちょっと高いのである。
でも、ランニングコストを考慮すると、オール電化はお得であるためである。
殊更に、エコキュートは夜間の安い電気を使用する事が出きる為、電気代の節約に成る。
長く使用していれば、何年かして元を取る事が出きる。

もう1つは地盤の問題である。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体の他に貯湯タンクが必要になってくるのだ。
タンクは370から460Lの水を貯める為、本体の重さ約100kgプラスタンクの重さ370から460圓紡僂┐Δ訝枠廚必要と云う事である。
古民家のケースの場合、床の老朽化も進んでいるだろうから、タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要に為っていると考慮される。
張替えの段階で、地盤の事も考慮しておけば、この問題もクリアできそうである。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化暮らしは充分実現可能なお話なのである。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 炊飯器

定年後は田舎でゆったり自給自足生活とか、子育ては子供がのびのびと走り回れる田舎で等、田舎暮らしにあこがれて移住する人が増大してきた。
そのような中、新しい住まいとして、田舎の風景にしっくり溶け込んだ古民家をあえて選定する人も増大している。
古民家と云うだけに、建物や設備器具の老朽化は激しく、改修や改装等のリフォームは古民家に居住するための必須条件となってくるのだ。

そこで気になってくるのが予算の問題。
憧れのオール電化デビューをするには、リフォーム匂いくらくらい必要なのだろう?
どのようなものでも機能性が高まれば当然お値段も高くなるのが世の常。
IHクッキングヒーターやエコキュートも例外ではなく、機能に拠ってお値段に途方もなくの幅がある事は了承しておこう。

200ボルトなんて、電気代が高くなりそうであるが、どうなのだろう。
契約している料金プランにもよるが、200ボルトの電気料金は現実には都市ガス使用料金とあまり変わらない。
其れから、夏場に火を使用しない調理が出きる為、部屋の温度が上がらず、冷房の設定温度を低くする必要もないのだ。
IHは熱効率が良い為、調理時間が早く済むと思う。
このような点から考慮しても、電気代の節約になりそうである。

平成19年度の補助金交付予定台数は役24.5万台で、補助金の額は一般家庭で一律45,000円である。
前年度に比べ、補助金の額を減らし、台数を増やした形に成る。
これからはオール電化住宅も増大していくのに比例し、エコキュートの導入台数はどんどん増大して足を運ぶものとおもわれる。
そうすると、補助金も額が減少したり、もしくは、廃止に成るかも知れない。
エコキュートの導入をお考えだったら早いほうが良いかも知れない。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 空調

12月になり、ぐっと寒くなってきた。
いよいよ冬本番。
おでんにキムチ鍋、ちゃんこ鍋・・・・・・等、この時期大活動するのが土鍋である。
オール電化にはとっても関心があるけれど、IHクッキングヒーターじゃ土鍋は使用出きないものねぇ・・・・・・。
そこがネックになってオール電化を躊躇してしまうのはもったいない!!

現状の暖房器具の主流である、エアコンや石油ファンヒーターは、温かい[風]を吹き出して部屋を温める。
風が吹けば、床のホコリやペットの抜け毛は舞いるし、風を浴びつづけるとのどが痛くなってきたりする。
殊更にエアコンは頭上から温風が吹き出してくる為、どうしても重量の軽い温かい空気は上のほうに溜まりがちに成る。

もう1つの長所は、経済的、と云う事。
まずシンプルに、ガスを使用しないのでガス会社への基本使用量が必要なくなるのは皆さん御存知のところ。
オール電化にすると、電気料金のお安くなる深夜電力を効率的に使用する仕組みに為っている為、より無駄のない光熱費に成る。

ちっぽけな子供が、カーペットのヘリにつまずいて転んだりしている光景、見掛けないだろうか?
先日、とあるテレビ番組で、高齢者の方がカーペットに足を引っ掛けて転び、骨折してしまうケースもある、と云っていた。
床暖房ならそのような危険も回避出きる。

施工費はかかってしまうが、この上ない快適さと安全を得られる床暖房。
オール電化住宅に是が非でも取り入れてみてほしい。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 結露

オール電化には相当の長所が有る。
[火を使用しないから安全][光熱費が安くなる]等、ユーザーの満足度が90%以上である事からもそのよさは実証されている。
でも、良い面もあれば、悪い面もあるのが世の常。
当然、短所も有る。

オール電化の短所の中で気がかりとなるものの1つに、[電磁波]による影響があげられる。
携帯電話が普及しはじめた頃に、一時電磁波の問題が懸念されたが、日本ではまだそれほど電磁波に対する意識がつよくはないようである。
電磁波による影響、と云うのは、電磁波が人体に良くない影響をおよぼす可能性が高い、と云う事で、欧米では途方もなく一般的に浸透してきている。

そのような時注目したいのが、[オール電化住宅専用ローン]である。
この制度、住宅ローンの1番の要である金利を優遇してくれる制度なのである。
例を挙げると同じ借入額1,000万円でも、金利がちがえば返済額は変わってくるのだ。
まして、住宅ローンやリフォームローンは借入額が数百万から数千万円にも及ぶもの。
ほんの少しの金利の差でも、返済額には途方もなくの影響である。

IHクッキングヒーターのお値段はおおよそ15から35万円くらいのである。
エコキュートのお値段はおおよそ45から80万円くらいのである。
この二つの機器を買い付けるだけで、最低でも60万円くらいかかる。
更に、これらの機器を使用する為に、専用の200ボルトの電流を引き込みたいと思う。
その工事が必要に成る。
また、エコキュートは、貯湯タンクを落ち着いて置くための基礎工事が必要に成る。

疑う余地もなく、ちょっと高いのである。
でも、ランニングコストを考慮すると、オール電化はお得であるためである。
殊更に、エコキュートは夜間の安い電気を使用する事が出きる為、電気代の節約に成る。
長く使用していれば、何年かして元を取る事が出きる。

もう1つは地盤の問題である。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体の他に貯湯タンクが必要になってくるのだ。
タンクは370から460Lの水を貯める為、本体の重さ約100kgプラスタンクの重さ370から460圓紡僂┐Δ訝枠廚必要と云う事である。
古民家のケースの場合、床の老朽化も進んでいるだろうから、タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要に為っていると考慮される。
張替えの段階で、地盤の事も考慮しておけば、この問題もクリアできそうである。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化暮らしは充分実現可能なお話なのである。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 お湯 飲めない

オール電化の新築住宅を買い付けたい、もしくは、家をオール電化にリフォームしたい。
でも、停電の時はどうしたらいいの?と懸念じゃないだろうか?
家の全てのエネルギーを電気にしてしまったら、停電の時は何も使えなくなるとおもう。

料理はIHクッキングヒーターだから、停電時は残念ながら使用出きない。
まさかの時の為に、カセットコンロを予備に用意しておくと良いだろう。

湯はつかえるの?
湯は電気給湯器の貯湯タンクに湯が残っていれば、その湯が使用できる。
(但し呑み込む事は出きない)
しかしながら、ガス給湯設備でも、スイッチは電気式を採用している為、停電時はどちらにしても使用出きない事に成る。

今までの電気温水器は冷媒にフロンガス、もしくは代替フロンを使用していた。
エコキュートはフロンガスを使用せず、二酸化炭素も排出しない、エコロジーな電気温水器であるためである。
[エコロジーな給湯器]と云う事から、エコキュートと名前もしくは名称が付きた。
エネルギー効率も今までの電気温水器よりも高くなった。
エコキュートは、空気で湯を沸かする。
簡単にシステムを解説すると、大気の熱を活用して熱をつくり、その熱で湯を沸かする。
冷房の逆と云えば把握出きやすいだろうか。
この原理を[ヒートポンプ]と云う。

実は、この原理、圧力鍋も同じ。
圧をかけると高温に成るから調理時間が短くなるのである。

空気を圧縮する事で高温熱は用意出きたが、その熱を、タンクの中の水に運ばなければ湯は沸こない。
その運び屋の任務(冷媒と云う)をしているのは、二酸化炭素である。
冷媒の代表格はフロンである。

オール電化に拠って長所が得られるのは、夜間の電気料金が割引に成る時間に電気を使用するケースの場合であるが、昼間の電気使用が少なくない家庭では、その長所が生かせず、かえって割高に成る。
本来、光熱費を節約する目的でオール電化にしたはずがけっこう高くついた、と云う事も考慮される。

オール電化住宅に於いての1番の短所は、停電してしまった時だろう。
電気が留まってしまうと、家の全ての機能が麻痺してしまう。
冬だったら、暖房ができなくて困ってしまう。
まさかの時に準備して、カセットコンロと石油ストーブを用意しておく必要が有る。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:05 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 夜間料金

今年はまさに、石油高騰の1年。
ガソリンや灯油だけでなく、カップラーメンや食パン等思わぬものまでが原油高の影響を受けている。
原油高の原因はあらゆる因果関係があるので全般的には云えないが、石油は限りある資源である、と云うのもその一因に為っている。

そのような中、無限の資源で在り、かつ環境に無害である太陽エネルギーへの注目が高まってきている。
我々の生活に直接かかわってくる太陽エネルギーの1つに、太陽光発電が有る。
生活電力の全部を太陽光発電でまかなう事が出きれば、これほど地球に優しい生活はないのかも知れない。

そこで気になってくるのが予算の問題。
憧れのオール電化デビューをするには、リフォーム匂いくらくらい必要なのだろう?
どのようなものでも機能性が高まれば当然お値段も高くなるのが世の常。
IHクッキングヒーターやエコキュートも例外ではなく、機能に拠ってお値段に途方もなくの幅がある事は了承しておこう。

自身で承知するまで試す事が出きたら、オール電化への懸念は途方もなく改善されるはずである。
I実力に充分満足出きて、コンロをIHクッキングヒーターに切替える事になっても卓上用IHクッキングヒーターは無駄にはならない。

オール電化にしたケースの場合、電磁波の影響が最も懸念されるIHクッキングヒーターであるが、毎日2時間も3時間もIHの前に立ちっぱなし、と云う事は可能性的に低いだろう。
煮込み料理をするケースの場合だって、鍋はかけておいても、自身はキッチンから離れるよね?
でも、オール電化にする事で、より相当の電磁波を浴びた生活に成る事は否めない。
オール電化の吟味をしている人は、相当の長所面を考慮し、かつ電磁波や他の短所面も承知しておく必要はありそうである。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 売電価格

オール電化には相当の長所が有る。
[火を使用しないから安全][光熱費が安くなる]等、ユーザーの満足度が90%以上である事からもそのよさは実証されている。
でも、良い面もあれば、悪い面もあるのが世の常。
当然、短所も有る。

オール電化の短所の中で気がかりとなるものの1つに、[電磁波]による影響があげられる。
携帯電話が普及しはじめた頃に、一時電磁波の問題が懸念されたが、日本ではまだそれほど電磁波に対する意識がつよくはないようである。
電磁波による影響、と云うのは、電磁波が人体に良くない影響をおよぼす可能性が高い、と云う事で、欧米では途方もなく一般的に浸透してきている。

エコキューとは、空気の熱を上手く活用して湯を沸かす画期的なシステムである。
電気だけで湯を沸かす時に比較して、電力量は3分の1。
これが地球に優しい理由その1である。
給湯システムには、熱を水に伝達する任務をする[冷媒]が必要となる。
冷媒はそれまでフロンが主流だったが、エコキュートでは二酸化炭素を冷媒として使用している。

IHクッキングヒーターのお値段はおおよそ15から35万円くらいのである。
エコキュートのお値段はおおよそ45から80万円くらいのである。
この二つの機器を買い付けるだけで、最低でも60万円くらいかかる。
更に、これらの機器を使用する為に、専用の200ボルトの電流を引き込みたいと思う。
その工事が必要に成る。
また、エコキュートは、貯湯タンクを落ち着いて置くための基礎工事が必要に成る。

疑う余地もなく、ちょっと高いのである。
でも、ランニングコストを考慮すると、オール電化はお得であるためである。
殊更に、エコキュートは夜間の安い電気を使用する事が出きる為、電気代の節約に成る。
長く使用していれば、何年かして元を取る事が出きる。

もう1つは地盤の問題である。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体の他に貯湯タンクが必要になってくるのだ。
タンクは370から460Lの水を貯める為、本体の重さ約100kgプラスタンクの重さ370から460圓紡僂┐Δ訝枠廚必要と云う事である。
古民家のケースの場合、床の老朽化も進んでいるだろうから、タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要に為っていると考慮される。
張替えの段階で、地盤の事も考慮しておけば、この問題もクリアできそうである。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化暮らしは充分実現可能なお話なのである。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 災害対策

オール電化マンションとは、シンプルにガス設備のないマンションの事である。
今までガスでまか為っていた設備を、全て電気で実践する。

近年、オール電化マンションの数は増大してきたが、全体的に観ると、まだまだオール電化マンションの割合は低く納まっている。

風潮としては、オール電化マンションは高層マンションにおおく見受けられる。
集合住宅である為、ガス漏れやガス爆発がもしも生じたケースの場合、途方もなく危険である。
安全と云う意味でも、高層階マンションに少なくない事は承知出きる。

IHの優れている点は、室内の空気を汚さない事である。
ガスコンロのように室内で火を使用すると、室内の酸素が燃やされ、更に、一酸化炭素が排出される。
ガスコンロやガス湯沸かし器を使用する時は換気を徹底しないと、一酸化中毒に成る危険性が有る。
IHでは、火を使用しない為、酸素が欠乏する事はないのだ。
全く換気が必要ないと云う事じゃないのだが、ガス使用時ほどの換気は必要ないのだ。
ただ、調理時には多少の水蒸気等が生起する為、IH専用の換気扇で換気する必要が有る。

富士経済によると、新築とリフォームのオール電化住宅戸数を、2006年度は関東エリアで前年よりも30%増、関西エリアでは13%増、中部エリアでは10%増と、発表しており、これからもずっと増大していく事を予測している。

オール電化住宅の普及率の多さに対して、オール電化マンションの普及率は全体の5%レベルと少なくとどまっている。
これには、オール電化のコストが関係しているとおもわれる。
オール電化機器は、ガス機器に対して初期費用が高く、また、マンションの引き込み工事等もガスの方が安く済むと思う。
オール電化マンションをつくるには、建設コストがかかり、また、マンションの値段も高くなるのである。

この補助金、エコキュートを設置する方を対象にしているのであるが、設置前に申請をしておかないと補助が受けられなくなるので注意が必要。
それともう一点。

平成19年度の第4期募集期間がまもなく締切りをむかえてしまうのである。
締切りは平成20年の1月15日。
オール電化への切り替えをご吟味されている人は、補助金にかんして電力会社等へ問い合わせてみたほうが良いかも知れない。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 イラスト

オール電化に切り替えようか吟味している人の懸念材料の1つに、[停電したらどうなっちゃうの?]と云う問題があるのじゃないだろうか。
家中のエネルギー源を全部電気にしてしまう、と云う事は、停電の時は全くもってお手上げに成る懸念が有る。

エコキューとは、空気の熱を上手く活用して湯を沸かす画期的なシステムである。
電気だけで湯を沸かす時に比較して、電力量は3分の1。
これが地球に優しい理由その1である。
給湯システムには、熱を水に伝達する任務をする[冷媒]が必要となる。
冷媒はそれまでフロンが主流だったが、エコキュートでは二酸化炭素を冷媒として使用している。

近年、大規模な地震が相ついで起き、災害に対しての多種多様な教訓が誕生した。
中でも、ライフラインが断たれると途方もなく困る為、その対策が必要である。
日頃から停電時や断水時にどうしたらよいかを考慮しておかなければいけない。

エコキュート等の電気温水器による長所としては、湯を何時も貯めておくと云う事だろう。
ポンプに貯めてある湯は使い切っていなければ温かいのであるし、生活用水として活用出きる。
但し飲用は出きないので注意すべきだろう。
飲用には災害時の為に飲用水を用意しておこう。

もう1つは地盤の問題である。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体の他に貯湯タンクが必要になってくるのだ。
タンクは370から460Lの水を貯める為、本体の重さ約100kgプラスタンクの重さ370から460圓紡僂┐Δ訝枠廚必要と云う事である。
古民家のケースの場合、床の老朽化も進んでいるだろうから、タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要に為っていると考慮される。
張替えの段階で、地盤の事も考慮しておけば、この問題もクリアできそうである。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化暮らしは充分実現可能なお話なのである。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

オール電化 光熱費 シュミレーション

オール電化に切り替えようか吟味している人の懸念材料の1つに、[停電したらどうなっちゃうの?]と云う問題があるのじゃないだろうか。
家中のエネルギー源を全部電気にしてしまう、と云う事は、停電の時は全くもってお手上げに成る懸念が有る。

太陽光発電(ソーラー発電とも云う)は、屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールと云うパネルを設置して、発電する。
エコロジーな電力として、公共施設等で使用されている。
ソーラーカーなんてものも有る。
この太陽光発電を住宅に取り付けるのである。

エコキュートの補助金への申し込みには条件が有る。
1.エコキュートの据付(着工)前の申込みである事。
2.設置するエコキュートが補助対象給湯器である事。
3.エコキュートを設置後6年(法定耐用年数)以上使用する事。
また、設置工事は、定められた期間内に行われなければいけない。
エコキュートの設置を依頼する業者が、補助金の申請に多種多様対話に乗ってくれるとおもう為、聴いてみるべきだ。

停電になってしまっても、電気の復旧の速さは過去のデータが証明している。
あれだけの被害をもたらした、阪神淡路大震災の時、ガスや水道に比較していち早く復旧したのは電気だった。
まだ記憶に新しい、新潟中越地震のときも、圧倒的な速さで電気は復旧している。

そう考慮すると、オール電化の家のほうが災害時には有利なのかも知れない。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ


  • Copyright (C) 2009 日記 | ホルガーの日記 by JUGEM Some Rights Reserved.