スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

オール電化 おすすめ

オール電化の新築住宅を買い付けたい、もしくは、家をオール電化にリフォームしたい。
でも、停電の時はどうしたらいいの?と懸念じゃないだろうか?
家の全てのエネルギーを電気にしてしまったら、停電の時は何も使えなくなるとおもう。

料理はIHクッキングヒーターだから、停電時は残念ながら使用出きない。
まさかの時の為に、カセットコンロを予備に用意しておくと良いだろう。

湯はつかえるの?
湯は電気給湯器の貯湯タンクに湯が残っていれば、その湯が使用できる。
(但し呑み込む事は出きない)
しかしながら、ガス給湯設備でも、スイッチは電気式を採用している為、停電時はどちらにしても使用出きない事に成る。

太陽光発電(ソーラー発電とも云う)は、屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールと云うパネルを設置して、発電する。
エコロジーな電力として、公共施設等で使用されている。
ソーラーカーなんてものも有る。
この太陽光発電を住宅に取り付けるのである。

IHクッキングヒーターのお値段はおおよそ15から35万円くらいのである。
エコキュートのお値段はおおよそ45から80万円くらいのである。
この二つの機器を買い付けるだけで、最低でも60万円くらいかかる。
更に、これらの機器を使用する為に、専用の200ボルトの電流を引き込みたいと思う。
その工事が必要に成る。
また、エコキュートは、貯湯タンクを落ち着いて置くための基礎工事が必要に成る。

疑う余地もなく、ちょっと高いのである。
でも、ランニングコストを考慮すると、オール電化はお得であるためである。
殊更に、エコキュートは夜間の安い電気を使用する事が出きる為、電気代の節約に成る。
長く使用していれば、何年かして元を取る事が出きる。

もう1つは地盤の問題である。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体の他に貯湯タンクが必要になってくるのだ。
タンクは370から460Lの水を貯める為、本体の重さ約100kgプラスタンクの重さ370から460圓紡僂┐Δ訝枠廚必要と云う事である。
古民家のケースの場合、床の老朽化も進んでいるだろうから、タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要に為っていると考慮される。
張替えの段階で、地盤の事も考慮しておけば、この問題もクリアできそうである。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化暮らしは充分実現可能なお話なのである。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ


  • Copyright (C) 2009 ホルガーの日記 by JUGEM Some Rights Reserved.