スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

オール電化 種類

CMや広告を観ると、[オール電化にすれば料金がお得]と云うキャッチコピーを絶対に目にする。
いったいなぜ、オール電化にするとお得に成るのだろう?
まずシンプルに、ガスの基本使用量を払う必要がなくなり、基本料金を電気だけに一本化出きる。
ガスの基本使用量は各家庭の使用量に拠って、また地域に拠ってちがうが、ざっくり1,000から2,000円くらいとなる。
具体的に知りたいケースの場合は、毎月のガスの検針票を観ると記載されている。

まず、オール電化にすれば、光熱費が電気料金だけに成る。
光熱費は電気とガスと灯油の併用が一般的である。
しかしながら、電気とガスは、両方使用していると、両方の基本料金と使用料金がかかる。
普通にはそのようなの当たり前とおもっていたが、現状はオール電化にしてガスを解約すると云う選定肢があるのである。

オール電化にするには、ガスレンジ台をIHクッキングヒーターにし、ガス給湯器をエコキュートと云う電気温水器に替える事に成る。
更に、暖房器具を電気式のものにする。
IHクッキングヒーターは200ボルトの電気を使用する為、専用の引き込み線をする事に成る。

太陽光発電システムを導入したケースの場合、自家発電をして使い切らずに余った電力は売り、足らない電力は買い付ける、と云う形に成る。
売り買いする相手は電力会社である。
太陽の照っている昼間は、文字通り[売るほど]の電気が発電される為、使いきれなかった分は売る。
逆に、夜は自家発電が出きない為、夜使用する電気は電力会社から買い取るのである。
この売り買いの釣り合いが、損得の鍵を握るわけである。

エコキュートを導入するご家庭には、申請すれば補助金が出る。
これも魅力的である。

また、災害時には、貯湯タンクの水が生活用水として使用できる。

オール電化に太陽光発電を併せて使用すれば、もっと経済的に成る。
太陽光をエネルギーに替えて住宅で電気として使用する。
初期設備のコストがかかるが、電気料金がグッと減少する事に成る。
また、太陽光発電にも補助金制度が有る。



e30rvxe4gqeum * 日記 * 07:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ


  • Copyright (C) 2009 ホルガーの日記 by JUGEM Some Rights Reserved.